資格って本当に必要?固定概念による依存の悲劇

こんにちは、
ぐっちです。

今日は、「資格」と「依存」について
書いていきたいと思います。

 

資格って本当に必要?

 

まず、資格が本当に必要なのかどうかについて
書いていきます。

資格とは
”それをもっていることで特別な仕事ができる”
というもので

資格によるフィルターを設けて
その仕事をさせてもよいかを判断しております。

公務員や弁護士なんていい例だと思います。

そして、こんな事例があります。

地方公務員の仕事で嘱託として数年間働いていて、
人がいなくなってどうしようもないから
仕事ができる嘱託に資格はないけど
地方公務員の仕事をさせている

ということが実際に起こっています。

ようは、資格って
選考の段階での足切りに使われることが多く、
仕事ができれば資格の存在って関係がないんですよね。

もちろん、医者などの特別な知識と専門性
が必要な仕事には資格の存在って必要不可欠
なことは事実です。

人命にかかわりますからね。

しかし、ほとんどの資格は
あってもなくても大差ないんです。

また、弁護士ですが世間一般で見ると高収入で
むちゃくちゃ稼ぎがいいと思われがちですが

実は、コスパだけみると全く儲かっていないと言わざる負えません。

弁護士の平均年収は650万円になります。

そして、残念なことにこのうちの2割の弁護士は
100万円もいっていないということです。

100万以下ですよ?
酷いにもほどがありません?

高校から大学の狭き道で法学部に入学して
さらに難関な弁護士の司法試験を突破して
始めて弁護士として認められるのに
100万以下…

高校生のアルバイトでもそれ以上稼いでいます。

おまけに、
弁護士会というものに年間100万円もお金を払う必要があります。

それで、平均年収650万円

僕はこれを見たとき愕然としました。
と同時に、稼いでる一部の人が年収を釣り上げてる
だけというロジックに気づきました。

そして、それだけの苦労をしてやっとできる仕事
と稼げるお金のギャップにコスパの悪さを感じました。

だからこそ、弁護士の方ってすごいなと
思いましたし、

よっぽどその仕事が好きでないとできないと
仕事に対しての姿勢に尊敬せざる負えません。

ただ、
「収入が低いのに好きな仕事でこれからも
生きていけるの?」

と聞かれるとそれはNO

と言うしかないです。

僕は、好きな仕事って稼ぐためにするんじゃなくて
趣味の領域でした方がいいと思っています。

そのくらい、日本という国は生きているだけで
むちゃくちゃお金をむしり取られます。
その上むしりとるだけむしり取って
老後の年金はでませんとなっています。

もう意味わからないですよね。

そして、これからどんどん人の仕事って
ロボットとかAIに奪われていきます。

そこに資格とか専門性とか関係なくです。

ロボットやAIは資格がなくても
医療に携わったり
弁護ができたり
教員になることができます。

これをみたらそりゃ世間一般の方は
「じゃあなんの仕事をしたらいんだ」
と頭を抱える人がでてきてもおかしくないです。

だからこそ
”資格があれば特別な仕事ができるから収入も上がる”
なんて固定概念は捨てて、
”まずお金を稼ぐために何をすればよいか?”
を考えていくべきだと思いました。

 

固定概念による依存の悲劇

 

次は資格の話から繋がったので
固定概念による依存の恐ろしさについて
話していきます。

「依存」

全く依存せずに生きるというのは
難しいですが、できるだけしない方がいいですね。

例えば、
恋人による依存

よくある話しになりますが
どちらか片方が依存していて
無理難題を押し付けるみたいな話を
よく聞きます。

僕も依存されたこともあるし、依存したことも
あるので気持ちはよくわかります。

しかし、
依存することで何が起こっているかと
いうと
”相手のプライベートもクソもない”
ということ

簡単に言ったら、

”トイレをしているとき
ずっと見られている
という
感覚が24時間365日ある”

ということです。

流石に無理過ぎません?(笑)

僕は絶対無理ですね(苦笑)

そりゃ別れたいとか
疲れてもう無理みたいな
カップルがでてきても
おかしくないですよ。

ようは、依存って本当に恐ろしいんですよ
ということです。

ビジネスにおいても同じです。

ネットビジネスには”せどり”という
安く買って、高く売るみたいな販売で
稼いでいる人がいます。

そして、売り場ってAmazonがほとんどらしいです。

ということは、
Amazonが無くなったら終わりです。

もちろん、無くならないとは思いますが
絶対ではないですよね。

このように今ある環境が無くなったらとは
考えるけど、行動しない人って世の中に
たくさんいます。

しかし、これから大切なことって
複数のキャッシュポイント(収入の柱)を
つくることだと思います。

1つに依存するのはマジで危険です。
壮絶な未来がきてもおかしくありません。

なので、意識しましょう。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

 

僕は、29歳になってからネットビジネスを始めて
今では、個人で月収20万の仕組みを作って稼いでいます。

才能もないし、
親には「あんたなんか産まれなきゃよかった」と
言われて育ちました。

有名私立を卒業したのに
手取り12万で働かさせられ、鬱病に
自殺寸前まで追い込まれたこともあります。

そういった状況からネットビジネスに出会い
労働以外の時間で真剣に取り組んだところ
今まで知らなかったことやできなかったことに
挑戦することができるようになりました。

ビジネスを学ぶ過程で
仕組み化についてや
思考を鍛える方法
生産性を上げる方法や
メディアを連動させて自動化する方法
価値の生み出し方

etc…

を身に付けることができました。

学校では絶対に教えてくれなかった大切なことを
ビジネスを学ぶ過程で知ることができ、

そういった人が一人でも多く増えたら
希少価値のある人が増えて
サービスや価値が生まれて
世の中がどんどん良くなっていくのでは?

と思ったんです。

こういった経緯から
僕がゼロからどうやって今の状態に
なることができたのか?

そのことについてまとめた
サクセスストーリーを1冊の電子書籍にまとめました。

「ビジネスを学ぶ上での最初の教科書」
として活用してもらえたら嬉しいです。

内容は100ページくらいありますが
15分くらいで読めるように
読みやすくしています。

電子書籍「社畜営業マンからネットビジネス」を読んでみる

メールアドレスを入力したら読めます。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

もし今回の記事が役にたったら
あなたのSNSでシェアしていただけると
嬉しいです。
(この下のボタンから簡単にシェアできます。)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

社畜営業マンから、2018年に自由を追い求め退職。 「過剰なストレスにより鬱病」で対人恐怖症になり 「頑張るのではなく楽しく生きていく」と心に誓った。 ”自分にあったライフスタイルでのお金の稼ぎ方を紹介”   【趣味】カラオケ、旅行、アニメ、声優、ライブ鑑賞、お笑い、YouTube、ラーメン巡り、競馬